二階堂瑞穂

二階堂瑞穂

MRS ASIA SUPREME PAGEANT
2018 CHAMPION
二階堂瑞穂 Mizuho Nikaido

Q.1 ASPの大会を知ったキッカケやエピソードを教えてください

2015年に第1子を出産した後に産後うつの様な育児ノイローゼの様な状態になり『ママ』で終わる人生は嫌だ!と思い、ミスコンのミセス版は無いのか探していましたが、条件が合う所はなく、断念。2017年に第2子を出産した後に再び探し、発見したコンテストがASPでした。日本人には《コンテスト》がわかりやすい表現ですが、ASPは、アジアシュプリームページェントの略で、ページェント(パジェント)である事を知り、優劣を競うコンテストとは違い、自分にとって最高の舞台である事を学んでから、私の人生の1ページをここで作ろうと決めました。

Q.2 大会に参加を決めた理由やエピソードを教えてください

2008年に某ミスコンファイナリストとなった私は当時諸事情により辞退をします。その時の心残りもあり、ミセスとなった今、再チャレンジしようと決めました。大会コンセプトにも感銘を受け、内観する時間を作る事で家族の在り方や自分の生き方を知るきっかけにもなりました。
トレーニングもありますから、ミセスが数時間でも家を留守にすることは、なかなか根回しが必要で(笑)ましてや先に進むほど留守にすることは多いですから、一番の理解者であって欲しい主人に話すと「やりなよ!やるからにはトップになれ!」と全力で応援してくれました。背中を押してくれた主人には今でも感謝しております。

Q.3 大会に参加して日々の生活は変わりましたか

地方大会、日本大会、世界大会とステップを進めるごとに、家族や友人の応援エネルギーが高まり、私の幸福度が上昇しました。ミセスになると『母親なんだから』『妻なんだから』と言われ、やりたい事に制限が生じます。結果『私なんて』といったネガティブ思考になりがちです。自分の人生なのだから制限されて生きるなんて勿体ない!!殻を破ろう!!そう思ってからは、自分が何者なのかを知る事ができ、今とても幸せです!!

Q.4 これから大会に参加する方や参加される方の家族にメッセージをください

出場を決意したミセスのパートナーは『出てどうするの?』『他にもやることがあるだろ?』と応援どころか阻止しようとする方も居ます。なぜ彼女がやりたいと思うことを応援できないのか?そのご自身の気持ちと1度向き合って頂きたいです。妻や母の顔を持ちながらも《わたし》であることを尊重してあげてください。
昔から男性を育ててきたのは女性です。結婚するまでは母親が、結婚してからは妻が、そう思うとミセスの皆さんは《自信》が湧いてきませんか?
シングルマザー(ファザー)も育児を通して、命を育んでいること。
それだけで《自信》になりませんか?
だからこそ私たちは、自信を持ちステージに上がることが出来るのです。
《今》を楽しむ事!!を応援しております。